瀬戸内海道1号線 瀬戸内海の“ゆめたび”へ

穏やかな海に無数の島々が浮かぶ瀬戸内海。 特に、広島地域と松山を結ぶエリアは多島美という言葉に象徴されるように、風光明媚な風景、そこで育まれた歴史・文化・産業など多様な資源の宝庫。世界遺産の宮島から情緒豊かな道後温泉まで歴史的にも文化的にも見所がぎゅっと詰まった瀬戸内海は2014年に大きな節目を迎え、今まさに注目を集めている。さあ瀬戸内海の“ゆめたび”へ出航!!

English

“ゆめたび”おすすめコース

広島も松山もどちらも行きたい!そんな欲ばりなあなたにぴったりなのがこのコース。世界遺産「嚴島神社」を有する宮島、世界遺産「広島の平和記念碑(原爆ドーム)」、軍港の面影が残る「呉」、日本最古の名湯「道後温泉」を一度に楽しめる贅沢な旅にでかけよう。

モデルルートSTART!

1日目

宮島・厳島神社
公式HPはこちら

宮島〜広島/宮島港発 16:00→広島港着 16:22

原爆ドーム
公式HPはこちら

2日目

広島〜呉/広島港発 9:30→呉港着 9:53

大和ミュージアム
公式HPはこちら

呉〜松山/呉港発 12:23→松山観光港着 13:17

音戸の瀬戸
松山城
公式HPはこちら
道後温泉本館
公式HPはこちら
スーパージェットで行く宮島・松山クルーズパス 宮島⇔松山 最短98分

松山・道後へ来たらまずはココを押さえて!!

源泉100% 加温・加水なしのかけ流し 世界的にも例を見ない温泉中の温泉『道後温泉本館』

道後温泉は日本三古湯の一つ。 加水・加温をしていない源泉100%の湯。 正岡子規、伊藤博文、与謝野鉄幹・晶子など多くの文人墨客が来訪したと言われている。
また、夏目漱石の小説「坊っちゃん」の舞台としても有名。入浴後は大広間でお茶とせんべいをいただいたり、坊っちゃんの間を見たりと見どころ満載。
オリジナルグッズのみかん石鹸や記念タオルのチェックは忘れずに!

「日本100名城」にも選ばれた名城で日本現存12天守のうちの1つ『松山城』

松山市の中心部の勝山山頂にそびえ立つ四国最大の城。 江戸時代に松山を治めていた加藤嘉明が創設した。
現在の天守は安政元年(1854)に再建・落成されたもので日本の現存12天守のうちの1つ。
標高約132mの高さにあり、天守から見る景色は大パノラマ。 登城はロープウェイ・リフトを使うとラクラク。 春は桜の見所としても有名。

宮島・厳島神社

原爆ドーム

大和ミュージアム

音戸の瀬戸